インタラクティブ・タイムライン・ミュージック「RAIN TOWER IV」ソースコード公開します


2010年10月28日に開催されたSuperCollider・Max/MSP・PICnomeそれぞれのユーザーグループによる合同忘年会イベントにて、SuperColliderの発表時間に拙作「RAIN TOWER IV」の演奏会を開いていただきました。itaruさん本当にありがとう!

RAIN TOWER IV 演奏参加ページ


今日の演奏のハイライト部分

今日の参加者のツイートまとめ(Togetter)

この作品はかんたんに言うと、「Twitterで参加できるオープンな音楽作品」です。
技術的には、特定のハッシュタグのツイートをTwitter Search APIから取得してツイートの内容をOSCメッセージに変換。OSCメッセージを受信したSuperColliderのプログラムで、特定のコマンドに反応して音楽を変化させる、というものです。

オープンであるということを意識していますのでSuperColliderという裏側は前面に出していません。コマンドも「いま、音楽をコントロールしている!」という感覚を重視していますので、実際のところはほとんどアルゴリズム側が主導権を握っていると言ってもいいと思います。音楽に詳しい人はパンニングを指定したい、フィルターをかけたい、あれもしたい、これもしたい、と要望があると思いますが、そこはあえて実装していません。音楽家も音楽に詳しくない人も対等に、あれこれツイートしていく中で慣れていってほしいからです。あと、あえてそれまでの音楽の流れを台無しにするようなコマンドを仕込んでいます。これが緊張感になります。何やってもいい感じの音楽がキープされるのはつまらない。

音に関しては、ミニマル大好きなんでミニマルな感じです。

以上はあくまで僕の個人的な好みの設計で、他にもいろんなアプローチがあっていいと思います。むしろTwitterで音楽をコントロールするなんてのは誰でも思いつくアイディアであって、そこから先どうやって面白い音楽を構築するか、という部分でいろんな方のアイディアやデザインが出てきてより面白いものが生まれてほしいと思っています。そこで、この作品の全てのソースコードを公開することにしました。

RAIN TOWER IVはSuperColliderで書かれた音楽的なプログラムコードと、Xcodeで書かれたツイートをSuperColliderに送るアプリケーションに分かれています。前者はSuperColliderの日本語ユーザーコミュニティ、SuperColldier Japanで公開します。後者のアプリケーション「TweetToOSC」は下記のリンクからダウンロードしていただけます。拙いソースコードですがXcodeプロジェクトまるごと入っています。

SuperCollider JapanのフォーラムでSuperColliderのコードをダウンロード→

アプリケーションダウンロード: TweetToOSC 0.3

インタラクティブ・タイムライン・ミュージックが流行るのを期待してます!
…実はもう飽きてしまって違うアルゴリズムをちまちま書いているので、流行ったらもう1回この作品に力を入れます!(爆)

インタラクティブ・タイムライン・ミュージック「RAIN TOWER IV」ソースコード公開します」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です