2012年マイ・ベスト・トラック


ちょっと前に2011年のベストアルバムをブログに書いたところなのに、もう1年経ってしまうとは…。今年も作業のお供に色んな曲を買って聴き倒しましたので、TOP10をまた選んでみました。今年はアルバム単位ではなく曲単位で選んでみました。

2011年はUKFにハマった年でしたが、今年はHospital Recordscivil musicにハマった年でした。世界にはまだまだ魅力あふれるダンスミュージックがあるんですなぁ…。今年は浮遊感のあるドラムンベース、落ち着いた低音が魅力的な曲、ちょっとコレまでとは違うダブステップ、を色々探しました。ブロ・ステップにちょっと胸焼け気味なので…。ワブルベースは若干聞き飽きた感が…。

1. Starkey – Thugs

年末にはじめて知ったStarkey。特にこの曲は聞いた瞬間ヘッドフォンの音量を上げざるを得なかった。印象的なピアノのイントロから始まり、魅力的なベースライン、スペーシーなシンセが入り、カッコイイドラムが入る…。ううむ、言葉で書いたら何故こんなにありきたりなんだろう!音はこんなに衝撃的なのに。

from Orbits

2. Frederic Robinson – Laughing at Clouds

こんなに繊細で複雑なビート、いったいどういう頭の中になってたら作れるんでしょうね…。天才的です。

from Hospitality Drum & Bass 2012

3. Submerse – Always, Like This

Submerseの曲で一番好きです。Submerseもっと売れてほしいなぁ。

from Blood Pressure

4. Noisia – Could This Be (Original Mix)

浮遊感あふれるドラムンベース。ミュージックビデオも好きです。

from Split the Atom

5. Zedd – Spectrum

ダンスミュージックと歌モノの相性は当然良いわけなんですが、Zeddの歌モノはどれも優れていると思います。アルバム通して聴き倒しました。でも歌モノは飽きるのも早いですが…。

from Clarity

6. Reso – Axion

Resoを発見したのが個人的に2012年一番の収穫だなぁと。SoundCloudで知ったと思いますが、civil musicを知るきっかけになりました。生ドラムを織り交ぜた派手なドラムとベース・ミュージックをうまく組み合わせたような感じ。オフィシャル・ミュージックビデオはかなり気持ち悪いので貼りません…。興味があれば探してみてください。

from Tangram

7. Pangaea – Trouble

Pangaeaはアルバムとしては一番好きですが、地味な曲が多いのでこの位置に…。噛めば噛むほど味が出るアルバムです。

from Release

8. Icicle & Distance – Exhale

Icicleの低音の使い方はまさに職人。

from This is Dubstep 2012

9. Nu:Tone – Set Me Free

Nu:Logicとしての活動も注目の、Hospital Recordsの看板アーティスト。

from Sub 150: Dubstep, Drumstep and the Bass Between

10. 12th Planet & Antiserum – Bass Salt

Skrillex来日の際、大阪公演に言ったんですが、Skrillexの前にプレイしたのが12th Planetで、かなりよかったんですよね。生で聴くと印象が変わりました。確かにいい。

from UKF Dubstep 2012

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です