マンガ好き ヨルムンガンド 7


書店にて、銃撃ちマンガに囲まれて平積みされてたw

内容の方は、恐らくストーリー上、重要な転機になるエピソードだったんだと思います。というわけでこれまでの単行本に比べ地味な印象。

以下、ネタばれ中心になります

第1話で「世界平和」と表現したココの野望。
今は亡きチナツにのみ語られたその内容とは?

ココ自身が語ることは無いと思われるので、CIAのブックマンが読者に解き明かしてくれるのかな?? 期待して待ちたい。

その点では、天田博士との再会がキーワードとして浮上。しかし、7巻でもそれ以上は明らかにならなかった。「お嬢が打ち上げたロケットは何本目だ!?」という意味深なブックマンのセリフの真意も持ち越し。

それにしても、テロリスト容疑者に対して、何の感情も持たず引き金を引くヘックス、しかもハンドガンはサイレンサー付き。つくづく、変わったマンガだ。

それにしても、ココが敵に狙われて泣きわめいていたことがあったなんて、意外。

今回も刺激的?な横文字がストーリーを彩りました。

  • Paramilitary Operations Officer
  • non-official cover
  • DGSE : Direction Générale de la Sécurité Extérieure
  • Magpul MASADA
  • sig sauer sp2022

衛星と無人偵察機でアメリカにいながらチェコ市内の車のナンバーまで見えるんだ… そして遠隔でベンツのスマートキーをハッキング。何と言う時代。
そういえば、Ordinary±でもベンツがパクられてたな。

レーム、いくら凄腕だからって移動中の車からの狙撃はすごすぎる!

トロホブスキーがココに密輸してもらって手に入れたブツは何だろう…。

あ、アールかっこよかったです。

マンガ好き ヨルムンガンド 7」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です