映画感想:チャーリーとチョコレート工場


2005 アメリカ 原題:Charlie and the Chocolate Factory
監督:ティム・バートン

評価:★★★☆☆

世界的に有名なロアルド・ダールの同名児童文学の映画化。幼い頃、この本が大好きで繰り返し読んでいたので気になっていた映画。なんで劇場いかなかったんだっけ…

主人公の少年チャーリーの家庭は貧乏で、チョコレートは1年に1回、誕生日プレゼントでしか食べられない。しかし、チャーリーは世界一の変わりもので秘密主義者で天才お菓子クリエイターなウォンカの工場にほど近いところに住んでいて、誕生日以外はチョコレートの香りだけで我慢しているのだ。

そんなある日、ウォンカは5人の子供を、誰にも公開したことがない自分の工場に招待すると発表する。その方法は、ウォンカ製のチョコレートに招待券を紛れ込ませると言うもの。

招待券を手にする幸運をめぐってチョコレートが飛ぶように売れるなか、チャーリーの誕生日がやってくる。1年にたった1枚のチョコレートに、果たして幸運のチケットは入っているのか…?

というのが物語の始まり部分。この時点で子供心は大いに踊り、釘付けになったものです。映画でもチャーリーの貧乏っぷりが嫌みなく、ファンタジー映画らしく描かれていてとてもいい。

しかし映画の主演はジョニー・デップ演じるウォンカ。原作ではあくまでチャーリーが主役なので、困った脚本家は「なんかウォンカにもエピソードを足さなきゃ」と思って、歯科医の父親にお菓子を禁止されていた過去を作っちゃう。

その辺から、歪んだウォンカと父親の関係の修復にチャーリーが一役買うみたいな流れになって、原作から外れて来て、あれれ…?となってしまう。とはいえ、原作ではチャーリーが特別いい子かというと単におとなしいだけの子供のような気もするし、映画的にはキビシイと思ったのか…?

原作に思い入れが強すぎると納得できない映画かもしれない。面白かったけどね。同じくジョニー・デップを目立たせざるを得ないアリス・イン・ワンダーランドが心配だ…

とはいえ、ウォンカのエレベーターが映画で見られたから満足さ!

[cft format=0]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です