Twitter中毒の方が時間を有効に使えている3つの理由


忙しい人は情報取得のアンテナをつねに張っています。他人よりも早く反応し、他人よりも早く対策を考える。特にIT業界にいると、アンテナが鋭く、かつ常にネットから情報を仕入れている人ばかりなので、ついつい負けじとアンテナを張って情報を仕入れようとしてしまいます。調べておいた最新情報についてクライアントが質問してきた時は「やった!」と思いますが、もちろん間違った情報を信じていたり、さらにはそれを人に言ってしまったら恥ずかしい思いをします。

そんなこんなで、ついつい仕事とは関係ない情報収集に時間を使ってしまっている人にこそ、Twitterを使った方がいいんじゃないかと思っています。


理由1. とりあえず、つぶやいておけば安心。

流れてきたニュースや他人との会話で気になったことはすぐさまメモを取っておきたいですが、この情報社会、手帖を持ち歩いていない人も多いのでは? Twitterを始める前はよく携帯で自分宛のメールにさっとメモして、あとで送信するということをよくやっていましたが、もう心配ありません。Twitterにつぶやいておけば安心です。

例えばこんなの。

…この記事を書くまで忘れていたのは内緒です。


理由2. とりあえず、ふぁぼっておけば安心。

忘れてしまうことが怖くて、忙しいのに気になるタイトルのブログ記事を読んでしまうことがあります。かといってBloglinesなどでRSS購読しておいても、今度は面倒で開くこともせず未読がたまっていきます。しかし、Twitterのタイムラインだと、流れてきたときにすぐお気に入りに追加!ちょっとした時間の空きに見返すのも、簡単ですよ。

うん、この記事書くまで読んでなかったw


理由3. とりあえず、RTしておけば安心。

みんなに教えようと思ったこともメール書くまでもなくRTしておけば、以下略…。RTに反応して、誰かが詳細情報を調べてくれるという効能もあります。


これらの方法で時間を有効に活用するには、ほぼ常にTwitterにアクセスしているということが必要です。忙しくて時間がないとお嘆きのあなた、ぜひTwitter中毒になってください。

そして、大事だと思ったことも結局忘れるもんだというあきらめが肝心かも。

Twitter中毒の方が時間を有効に使えている3つの理由」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です